徳洲会インフォメーションシステム株式会社

RECRUIT採用情報

社員の声

挑戦すること、
疑問をもつことが大事

久堀 剛嗣Takeshi Kubori

2018年 入社
所属部署
開発部 ソフトウェア開発課

庄畑 吉之助 Kichinosuke Shohata

2018年 入社
所属部署
開発部 ソフトウェア開発課

写真右側:先輩社員 久堀 剛嗣(以下 先輩)、写真左側:後輩社員 庄畑 吉之助(以下 後輩)

徳洲会本部で使用する購買システムや徳洲会で行っている奨学金の管理を行うシステム、グループの人事給与の管理プログラムの作成を行っています。最近では透析のシステムに関するプログラムの修正を行ったりしています。

お二人は今、どんなお仕事に携わっていますか?

将来、病院勤務の医師や看護師を目指す方などの奨学金を管理するシステムや、医療機器の購買における発注・支払い業務を管理するシステムの開発や保守を行っています。

奨学金システムや本部が利用する購買システムを開発しています。またグループ施設が利用する医療材料や医薬品の発注システムの開発・保守も行っています。

お互いの第一印象は?一緒に働き始めた当初の思い出をお聞かせください。

プログラムのロジックを考えるのが苦手そうに感じました。

話すのが好きな方という印象で、質問がしやすかったです。

自分や後輩の成長を実感した瞬間は?

自分にも後輩にも当てはまることですが、難しく感じていたことを解決できるようになった時に成長を感じます。 入社当初に教えて頂いても理解できていなかったことが、現在になって理解できた時です。

逆に「まだまだ未熟だな」と思う瞬間は?

サーバーの構成などインフラ関連の知識が足りていないのが未熟だと感じています。

技術的な面、タスク管理、目標を立てて計画的に行動すること。

良い仕事をするために心がけていることはありますか?

プログラム的なことなら、速く書くことより読みやすく作ることを重点にしています。 聞いたこと、やったことをできる限りメモすることで後々の仕事がやりやすいように心がけています。

現在の仕事で「やりがい」を感じるときはどんなときですか?

当たり前のことですが、自分で作ったものが想定通りに動いた瞬間です。

自分の携わったプログラムが現場で正常稼働、役立っているのを見るとうれしいですね。

先輩から後輩へ、今後期待していることは?

AI等新しいことに挑戦してもらいたいです。

お二人の今後の目標をお聞かせください。

医療情報技師の資格取得や、インフラ関連の力をつけていきたいです。

まだまだ分からないことが多いので、早く一人前になれるように努力します。そこから、AIなどを活用したシステム開発にも携われたら、と思います。

現在就活中の方へ、お二人から
応援メッセージをお願いします。

就職してからよく、「目標を持て」と言われます。目標を持つことで今自分が何をすべきなのかはっきりし、そのための課題を達成することでモチベーションも維持できます。
就職活動においても、自分が将来何をしたいのかを考え、やるべきことを一つずつこなしていけば、おのずと良い結果が得られるのではないでしょうか。
また、疑問を持つことも重要だと思います。疑問を持つことで興味がわき、興味がわくと楽しくなります。仕事は楽しくしたほうが効率も、生産性もあがると思いますので、そういった会社を選べるように頑張ってください。
弊社も興味をもって取り組めば楽しい仕事がたくさんありますので、インターンシップや説明会などにぜひ参加してみてください。