徳洲会インフォメーションシステム株式会社

RECRUIT採用情報

社員の声

情報分野の
経験を活かして
社会に貢献できる
仕事がしたい

橋本 雄貴Yuki Hashimoto

2017年 入社
所属部署
導入管理部 導入保守課

徳洲会グループのネットワーク関連の構築・管理などを行う、インフラ管理課に所属しています。システムの導入時などに、セキュアなネットワークを構築し管理しています。
また、サーバの監視を行うことで障害を未然に防ぐことも私の仕事です。最近では、グループ初の試みである長期署名システムの導入にも携わりました。
システムに合わせたスペックの機器の調整や、データセンターへの機器設置・接続などを行いました。

徳洲会インフォメーションシステムを知ったきっかけは?

この会社について知るきっかけとなったのは、就職活動中の就職情報サイトでの企業研究でした。
徳洲会グループの病院は通っていた大学の近くにもあり、学生の頃から知っていたのでこの会社での仕事に興味を持ちました。

徳洲会インフォメーションシステムに応募した理由は?

私は「大学生活で学んできた情報分野の経験を活かせる仕事がしたい」、「社会貢献度の高い仕事がしたい」という軸に沿って就職活動をしていました。
少子高齢化などにより必要とされる機会が増えていく医療の現場を、今後も成長が見込まれる情報分野で支えられるので、自分の軸とマッチしていると考えエントリーしました。

現在の部署に配属されて、働いてみて率直な感想は?

病院のシステムエンジニアの方や業者の方とやり取りをすることが多いのですが、先輩方にフォローしていただきながら慎重に仕事を学ぶことが出来ました。
覚えるべきことはまだまだ多いですが、心強い先輩方に恵まれたおかげで安心して働けています。

現在の部署で働くうえでの「やりがい」とは?

仕事の中で自己成長できることがやりがいです。ITインフラについて学ぶことで、徳洲会グループのネットワークの全体像をイメージ出来ますし、知識も身につきます。また、病院に伺う機会をいただけるのでシステムが使われている現場についても学ぶことも出来ます。

仕事をしていて、どんなところが楽しいですか?

私が設定したサーバや端末が正常に動作して、利用されている、役に立っているのを見ると嬉しく思いますし、自分自身への自信にも繋がるのが楽しいところです。
また、プライベートでも先輩方や同期と食事に行く機会などもあり日々が充実しています。

働く上で必要なスキルはありますか?

プレゼンテーション能力です。仕事の中で提案・報告などプレゼンテーションの機会が多くあるため、要点を抑えた説得力のあるプレゼンテーションをする必要があります。私は得意な方ではありませんが、相手に伝えたい情報を正確に伝達することを意識したいと思います。

徳洲会インフォメーションシステムの好きなところや魅力は?

情報システムを活用して徳洲会グループという巨大な医療組織を支えている。仕事にとてもやりがいがあり、そんな大きな仕事ができることが魅力です。
また会社の理念である「いつでも、どこでも、だれでも、親切で、安心して、最善の医療を受けられる社会」の実現を、社員一人一人が志を持って目指しているところに魅力を感じます。

現在就活中の方へ、
応援メッセージをお願いします。

就職活動を始める際、何から始めたら良いのか分からないこともあると思いますが、一番大切なことは「自分と深く向き合うこと」だと思います。
私の場合、自分がこれまで何をしてきてどのような性格でどのような強みがありどのような働き方をしたいのか、自分と向き合うことでそれらを明らかにすることから就職活動は始まりました。これらを踏まえて、たくさんの業界から自分に合った企業を見つけることで初めて、後悔しない就職活動が出来るのではないでしょうか。

就職活動を意識するまでは自分と深く向き合って来なかったように思います。しかし自分と向き合うことは生きる上で一番大切にすべきことだと考えるようになりました。なぜなら、自分の人生の中で選択を迫られた時に一番重要なのは、自分と向き合った上で導き出した考え方だからです。

皆さんが自分と向き合い出した答えがこの会社でしたら大変嬉しいです。お会いできるのを、また、一緒に働けるのを楽しみにしております。