徳洲会インフォメーションシステム株式会社

RECRUIT採用情報

社員の声

日々進化する医療業界に
貢献することがやりがい

西口 怜奈Reina Nishiguchi

2018年 入社
所属部署
導入管理部 管理課

私は導入管理課で主に経理を担当しています。
施設への請求業務や業者様への支払い業務、月々の損益報告の作成などを担当しています。細かい数字をきっちり合わせていくことは大変ですが、協力して慎重に仕事を進めています。また、上司への報告や相談、来客者の対応も必要となるためスケジュールの把握は重要です。各個人の予定を管理しているとよりスムーズに業務が行えます。単純な業務もありますが、作業化しないように疑問をもちながら取り組むように心掛けています。

徳洲会インフォメーションシステムを知ったきっかけは?

事務職で一人暮らし可能な職場を就職活動サイトで探しており、徳洲会インフォメーションシステム(株)を知りました。

徳洲会インフォメーションシステムを受けた理由は?

一つ目は、希望通りの事務職でも一人暮らしが十分可能な職場であるところです。
他社の新卒採用の事務職では一人暮らしの許可があまりなく、手当もありません。弊社は新卒の一人暮らしを許可しており、規則はありますが住宅手当や食事手当もあります。また、会社も梅田にあるのでどこに住んでもアクセスが良いと感じたからです。

二つ目は、医療分野でのITを提供しているところです。
ITは近年、どの業界にもほとんど導入されていますが、医療の現場での活用紹介をみて驚きました。人手不足をよく聞きますが、これからはもっと幅広いITサービスが増える業界でもあると思います。だから、職員や患者さんにとっても良い環境作りへと貢献できる将来性を感じたからです。

現在の部署に配属されて、働いてみて率直な感想は?

ITの会社で事務職だとPCの前に座り、電話応対以外は静かだと思っていましたが、管理課では社員とのやり取りが多く、弊社はたくさん来客者もいらっしゃるのでにぎやかな印象に変わりました。

現在の部署で働くうえでの「やりがい」とは?

私は管理課で主に経理を担当していますが、管理課は人が少ないのでたくさんの業務を共有しています。日々、業務状況を伝え合うことでバランスをとっています。今はまだまだやってもらうことが多いですが、みんなでやり終えた時は拍手したりもします。一人で行う業務よりも達成感があり、今の私のやりがいに繋がっています。

仕事をしていて、どんなところが楽しいですか?

内定前にくらべると想像以上に会社のことはもちろん、幅広い知識が得られるところです。 学び・知りたいと思えることが毎日発見できます。事務職というとPCでの業務や電話ばかりかと思っていました。しかし、弊社は社員数も少ないからこそ、たくさん社員の方と直接話し、たまには業務以外のことも話すので、事務職だけでは学べないことも知れたりします。

働く上で必要なスキルはありますか?

優先順位を素早く判断し、実行できることだと思います。
段々といくつも仕事が重なり、急ぎの案件も増えてきます。そんな時は落ち着いて状況判断し、気持ちを切り替えて実行に移すことが大事です。慌てず集中してミスなくいくつもこなしていくことは簡単にみえて難しいことだと思います。しかし、心がけていくことから始めていくと少しずつ出来るようになれると私は思います。

徳洲会インフォメーションシステムの好きなところや魅力は?

社員数が30人程の会社ですが事業規模としては十分大きなことをやっているところが魅力だと思います。また、どの業種・会社でも必ず社会貢献はできます。しかし、日々進化する医療業界に貢献することで目に見えてやりがいを感じられる会社だと思います。

現在就活中の方へ、
応援メッセージをお願いします。

就職活動は上手くいくときやそうでないときを短期間で一気に経験します。短期間だからこそ周りと比較しがちになり、焦ることも多いと思います。そういう時こそじっくり自分と向き合って欲しいです。私は最初、軸もブレたり、やりたいことがはっきりしていなかったと思います。しかし、毎日振り返り考えることで自然と向き合え、面接時も自分がこの会社で働き、どういう暮らしをしたいか想像できてきました。人に何を思われようが、自分のなりたい自分になれそうな会社に出会えるように取り組んでください。