徳洲会インフォメーションシステム株式会社

COMPANY企業情報

MESSAGENext Stageに立つ

徳洲会インフォメーションシステム株式会社代表取締役社長 尾﨑 勝彦

会社設立から8年、これまでのさまざまな実績を糧に、私たちは新しいステージに立っています。
進化を革新へとつなぎ、ITで広く日本の医療に貢献したいと考えています。

全国に70病院をはじめとする340施設を運営する徳洲会グループ。弊社は徳洲会グループの情報システム部門として2009年10月に設立され、グループ各病院への電子カルテの導入や1,100万人超の医療ビッグデータを蓄積するインフラの構築、またこのビッグデータの統計解析を行うシステムの開発などを通じ、グループ全体の急速なIT化を統括・推進してきました。

弊社がこれらの事業に取り組む中で蓄積した貴重な経験とノウハウは、グループ以外の病院に対しても十分に応用できることを確信しています。徳洲会グループのIT戦略をさらに進化させるとともに、私たちの資産をより広く活用していただけるよう、人材・組織・システムなどの基盤を強化・整備してまいります。

前述の医療ビッグデータが大きな注目を集めています。その活用は未だ端緒に付いたばかりですが、この医療ビッグデータをAI(人工知能)が扱うことでそれが爆発的に進むことが期待されます。医療に革新をもたらすであろうこの組み合わせに弊社も着目し、この分野にも注力いたします。

弊社が日本の新しい医療の形を構築・支援していけるよう、社員一同が心を合わせて全力で努力を続けてまいります。弊社のNext Stageにぜひご期待いただき、合わせて変わらぬご指導とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

PROFILE

徳洲会インフォメーションシステム株式会社代表取締役社長 尾﨑 勝彦
  • 大阪薬科大学卒 薬剤師
  • 八尾徳洲会総合病院 薬局長・同事務部長・岸和田徳洲会病院事務部長などを経て2009年10月より現職
  • 薬剤師時代から独学でシステムの知識・技術を習得、現在の本部Webシステムや医薬品管理・発注システムの原型を開発